2018年06月30日

カスカU

どうも3代目のさとしです。
ここ数日更新しなくてすいません。この子で手こずりましてバタンキューでした(;ω;)
その噂の子がこのカスカU。
621973FE-EED9-49B1-856A-A5079E5842D6.jpeg
クルミナーとかキノンとかオルソスティグマットとかで有名なドイツの光学メーカーのシュタインハイルが「よーし他の光学メーカーもカメラ作ってるから私たちも作ってみっかー!」と思ったからかどうかはわかりませんが作ったカメラです。
デザインもスタイリッシュで後ろにスケールみたいなシャッタースピードダイアルがある変わったカメラで、台数も少な目な貴重な子なんです。

この子はシャッターはガリガリするものの切れてたのですがスローがきいたりきかなかったりしてたので修理することに。見た目は綺麗で簡単ではないけどちゃんとしてたらしっかり直るカメラなので大丈夫だろうと思って手をつけてみました。
「さて開けてみよーかなー。上蓋あけてっと‥ん?なんじゃこりゃ〜!」
なんと中身はファインダー、ファインダー枠、シャッタースピードダイアルの土台まで全てアロンアルファで止められていました。ネジはあったんでしょうがネジ穴をなめてしまったせいかネジと穴がバカになってしまっていてしっかり止まらない状況。
「これは厳しいなー。ダイアルの位置もズレてるし距離計もこれじゃ一生あわないし、どうしたもんかねー。」と修理不能も考えながら見ていると‥
ポロっとシャッターダイアルのカバーが取れて噛み合わせがずれてしまいました(;ω;)
こーなったら修理しなきゃです。。。
DFF53D5B-9BF6-4773-8CD8-5D6A7960FC1C.jpeg
(あまりの事で全体を撮り忘れましたが、ファインダーのミラー部分だけは撮りました。アロンアルファの跡がわかりますでしょうか?)

全てのアロンアルファを落として、ネジを切り直して、あとブライトフレームのガラスの一部が割れてギアに噛んでいました。これが巻き上げのガリガリの原因かと。全て清掃し巻き上げはスムーズに!そしてスローにもガラスのカケラが入ってギアの動きを阻害してました。こちらも綺麗に!ブライトフレームはガラスを切り出して掛けてるところに貼り付け塗り直して修復。

いやー。大変でしたが、まだまだ序の口。このカメラ一度シャッタースピードギアがずれると調整がちょー大変で一回組んではチェック、だめなら1ギアずらして組み直すの繰り返しでやっとこさシャッタースピードも決まりました手(チョキ)︎('ω')手(チョキ)

そしてここもちょーちょー面倒なファインダー周りの距離計調整。ミラーの土台だけでなくファインダーもガタガタだったので位置決めて付けてはズレを直しの繰り返し。ただでさえちょーちょー面倒な距離計調整が8倍くらい大変でした(;ω;)(;ω;)(;ω;)(;ω;)

修理完了したこの子は不調が嘘のように調子よくなり元気に退院して行きました。ただし代償として丸4日費やして僕は抜け殻になりました。
今回写真が少なくてすいません。
集中しすぎて撮り忘れました.°(ಗдಗ。)°.

あーリフレッシュで釣り行きたいです。でも治療待ちのカメラがあるのでこの子達が終わってからですね(⌒-⌒; )
posted by さとし at 19:32| Comment(4) | 日記