2018年11月30日

早田カメラの秘密基地

どもどもさとしです。
早田カメラは店の2.3階にもカメラをしまっているのですが、部品や今後直そうというカメラをすべて置いておくと足の踏み場もなくなるので、台東区某所に倉庫があります。
現在修理していたレフレックスコレレのカウンター機構が今までにないものだったのでちょっと悩んでいました。こんな時は同じカメラを探してくればいいや!という事で倉庫にいってきました。
tn3.jpg
じゃーん!これが倉庫の一部です。もちろん冷房空調完備で湿度もちょうどよい感じです。アイフォンで撮ったのでちょっと画像が小さいですがそこんとこはご了承ください。
この中に何百台もカメラがあるのですが、その中からレフレックスコレレを探します。
・・・なかなか見つかりません。そして漁っていると面白いカメラも出てくるのでついついいじってしまい当初の目的を忘れてしまいそうになります。
tn1.jpg
発見!さて帰って機構を見てみよう!
tn.jpg
ちょっと違うやん。。ちょっとの違いでしたが、中身の機構は全然違いました。
結局あーでもないこーでもないと考えて部品が欠品している箇所を発見して修理できました。
今回は参考になりませんでしたが、たいがいは参考になりますし無い部品も持ってこれる早田カメラの秘密基地です。
posted by さとし at 20:19| Comment(2) | 日記

2018年11月29日

カメラの革あるある

カメラ修理をしている方々とお話しするとそれぞれの得手不得手があるそうで・・・
シャッター幕の交換が得意だったり、レンズのクリーンが得意だったり人それぞれ。僕は機械部分の修理は好きですが、カメラの革を新規で作るのが苦手ですもうやだ〜(悲しい顔)
海外のカメラは革を使っていることが多く、きれいにはがせばまたきれいに元に戻ってくれます。ビニールでも案外きれいに剥がせますね。
ライカに代表するグッタペルカも熱をかけながらゆーっくり剥がせばきれいに剥がれてくれます。
ですが、、国産カメラの2眼レフなどでよく使われているうすーい樹脂(偽グッタペルカ)のようなものはどうやっても綺麗に剥がす事ができないものがあります。たまに熱をかけて剥がすのですが、結局かけてバリバリになるのでうまく剥がれません。。。
(誰か綺麗に剥がす術を知っている方いたら教えてほしいですたらーっ(汗)
先日やったカメラも
P1050607.JPG
剥がすというより削る感じで結局こうなっちゃうんですよね。
P1050606.JPG
削り粉たち。。
もうこうなったら貼り直しができないので下紙の型を作って皮を切って微調整してという書くのは簡単ですがちょー大変な作業が待っています。上のカメラではさらに染色もしなきゃいけないのですが、同じ色を作ることは厳しいので近い色で染めることになります。
国産一眼レフで値段も低めなので修理代は安いよね?という方もいらっしゃるかと思うのですが、この革制作を考えると実はローライフレックスなどより手がかかることが多いのでそこそこちゃんとした値段をいただくのです。
ここまで愚痴っぽくなっちゃいましたが、来たものはちゃんとやるのでご安心くださいわーい(嬉しい顔)
え?上のカメラの完成したもの見せろって?



すいません撮り忘れましたふらふら
posted by さとし at 18:37| Comment(0) | 修理

2018年11月28日

早田カメラ年末大バーゲン開催!

12月前だというのに意外とあったかいですね。
暖かいとすごしやすくて寒いのが嫌いな早田カメラのみんなも嬉しくなります。
さて、本題の告知です。
12月7日(金)〜12月16日(日)の間、
年末大バーゲン
を開催します!
例年の全商品2割引きはもちろん今回は2年ぶり(たぶん?)に最大4割引きとなるくじ引きも開催します。
平成最後ということで他じゃできない大盤振る舞いですよ!
みなさまお誘いあわせのうえご来店ください。
DSC02640.JPG
頑張って直しま〜す!
posted by さとし at 16:23| Comment(0) | 日記