2018年07月06日

綺麗なライカのシャッター幕

どもども3代目のさとしです。
先日お客様からライカのオーバーホール依頼がありました。まずはバラして幕のチェック。

DC55EB7C-9175-4A97-9F6E-75AC4FAD29C7.jpeg
見てみたところライカに修理に出したように綺麗に縫ってあり、幕も柔らかいので問題なさそうでしたが、念のため縦に割くように軽く力を入れてみると‥
ペリペリっと裂けていきました。
BE15F380-1CCE-4D94-B68A-48BEB231430C.jpeg
普通の幕だと縦に思いっきり力を入れても簡単には裂けないのですが、この幕はゴム部分がもろくなっていました。見た目や触った感じは問題なさそうだったので、劣化と言うよりもともとの素材のせいかと思います。
これじゃいつか使用中に幕が裂けて使い物にならなくなってしまいますね。
このカメラも幕に負荷がかからないようにテンションがすごく弱くかかっていて、前に幕を張り替えた人もわかっていたようです。

E16C9B1F-3B8D-487E-9979-36EB785423BE.jpeg
てことで幕も交換してファインダーやギアのグリスアップもやって修理完了です。
普通ライカに限らずシャッター幕は穴が空いていたら交換は当然で、触って硬くなっていたりカビなどの汚れがあったら交換した方がいいですね。また今回のように綺麗でも問題ある場合もありますのでご自分でお持ちのカメラが気になった方はお気軽に店に持ってきてください(^^)
posted by さとし at 00:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: