2019年01月12日

Corfield66

新年一発目のカメラ紹介のコーナー!
P1120109.JPG
Corfield66
イギリス(UK)CORFIELD社で作られたカメラで台数も案外少ないカメラです。CORFIELDといえばぺリフレックスが有名ですよね。
P1120116.JPG
(↑ぺリフレックス↑)
ここのメーカーのカメラで他にも6×7でスーパーアンギュロンがついているCORFIELD67もあります。
CORFIELD66はフォーカルプレーンでシャッタースピードも1/10~1/500まであるので実用性もバッチリ!
レンズはLUMAX95mm F3.5です。
P1120112.JPG
ウエストレベルは皮のものと金属のものがありますがこのカメラは金属のウエストレベルファインダーになっています。
P1120113.JPG
値段は108,000円を予定しています。
今修理予定中ですがもうちょっとしたらやる予定、遅くてもカメラショーには持っていきます。
posted by さとし at 17:10| Comment(0) | 商品情報

2018年12月24日

絶対重なりたくない人用ペンタコンシックス

2018年ももうすぐ終わりですね。さとしです。
今回は面白いものが入ったのでお知らせしようかと思います。
ペンタコンシックス手巻きVER
PC240082.JPG
なんじゃそりゃというものですが、まずペンタコンシックスについておさらいしておきます。
1966年ごろ東ドイツのカメラメーカーVEB Pentaconで作られた6×6の一眼レフという珍しいカメラでフレクトゴンやテッサー、ビオメター等の名玉レンズを使えるという今でもとっても人気者のカメラです。ただ、当時のフィルムに比べ今のフィルムは薄くなってしまったために巻き取り量がちょっと足らなくてフィルムが重なってしまうことがあります。なので、軸を太くしたり、巻上げの時にちょっと追加巻きをして重なりを防止するという工夫が必要です。
これはぴったりフィルム間隔をあけたい方にはちょっとストレスポイントだったのでしょう。今回仕入れたものでフィルム巻き上げ機構をとっぱらいフィルム窓をつけて手巻きに改造したものがありました。
PC240083.JPG
巻き取り機構をとっぱらうのは素人じゃ絶対無理なので、職人が頑張って作ったのでしょうね。これに手直し修理をして今回ウィンドウに並びました。ペンタコンシックスのフィルム間隔に悩みたくない方はぜひお手に取ってください。
PC240085.JPG
社長渾身の巻き取りこちら矢印もついています。
posted by さとし at 16:47| Comment(0) | 商品情報

2018年08月15日

シルバーゲルト

ども3代目のさとしです。
先日のアルゼンに続きゲルトDVをご紹介します。
69256DBB-F542-4E1B-AFFE-BF10ED4023C9.jpeg
アルゼンと同じ国産メーカーの高橋光学から発売された銀色輝かしいカメラです。
シルバーゲルトと呼ばれているだけあってほんと銀色、でも滑らないようにか革のあるべきグリップするところには模様が彫られています。ベスト盤フィルムですが、かわうそ商店さんが普及させてくれているおかげでベスト盤も入手しやすくなってきましたよね。値段もお手頃で飾ってても可愛いカメラです。
posted by さとし at 19:16| Comment(0) | 商品情報